田中農園について Farm About

奈良県五條市とは

田中農園は、日本一の柿の名産地である奈良県五條市にあります。
美しい棚田、広大な果樹園が広がる場所です。
奈良県南部は、平地が少なく山ばかり。
農業よりも林業が盛んな、海もない内陸県です。
降雨量にも恵まれず、古くより干害に悩まされていた背景から
現在でも奈良盆地には多くのため池が残っており、農業に役立っています。

農業大国にはない美味しさ
がある。

Tanaka
Agri
Farm

都市近郊型農業

京阪神の大消費地に隣接する立地にありながら、耕す土地が少ない中で
小さな面積で出来るだけ利益を生む為に、
先人達は多くの知恵を生み出してきました。
輸送時間が長いとすぐに痛んでしまう、葉ものの軟弱野菜や
果物の栽培を行う「都市近郊型農業」が盛んに行われ、
奈良県が誇る栽培技術は進歩を遂げ続けました。
広大な平地を持ち、大量生産が可能な「農業大国」では実現が難しく、
多品種・少量生産だからこそできる、独自の栽培方法や
高品質な作物の生産に繋がっています。

量では勝てない。だから、品質では負けたくない。

Greetings 生産者からのご挨拶

量では勝てない。
だから、品質では負けたくない。

どんな作物も、1年の中で収穫回数に限りがあります。例えば柿は、ご存知の通り1年に1度だけ。
つまり、生涯をかけたとしても、私達が新たな栽培方法を試し改善する、トライ&エラーの回数には限りがあるのです。
田中農園は、私の父・母の代からあらゆる試行錯誤を繰り返してきました。奈良は決して、農業に恵まれた環境とは言えません。
新たな作物1つ、栽培を始めるのも一苦労です。けれど、その中で培ってきた知識と技術は確かなものです。 量では勝てない。だから、品質では負けたくない。
その想いは、種、土、苗、収穫の全てに対し、私たちのこだわりとして、活きています。
減薬・都市近郊型農業を得意としています。
今思い描いている、作りたい作物もたくさんあります。たくさんの方に届ける方法も、模索し続けています。
先代が築き守ってきたものを受け継ぎながら、常に新たな挑戦をしていくことを怠りません。

株式会社田中農園

Policy栽培へのこだわり

Soil 自然堆肥を活かす土
先代

土耕栽培での土づくりは、科学肥料を使わず、有機肥料の使用を基本としています。土壌微生物が栄養を分解しながらゆっくり効果が現れるため、野菜への負担が少なく、肥効が長く続きます。同じ苗を使っても、土の健康は味に差が出ます。

Seed「種」からつくる接ぎ木栽培

経験と知識が必要で、作り上げるのが難しく、高級品とされる「接ぎ木苗」を種から作っています。生産量の多い農家ではなかなか出来ません。これにより、より安全で健康な野菜の栽培が可能となっています。

Picking収穫時期

収穫時期は、長年の経験を基に1日単位で調整しています。京阪神の消費地域に隣接し、近距離輸送でのご提供が可能であることなどから、大量生産の農家よりも収穫時期を遅らせ、作物が一番美味しいタイミングでお届けしています。

Try新しい取り組み

田中農園では、新たな作物の栽培や新しい取り組みを行っています。とくに、飲食店で使われるコアな食材、取扱い農家が少ない品種や、専門的な食材への取り組みに力を入れています。

Farm products 田中農園で育てている作物

  • 田中農園で育てている作物

    Persimmon

    実がなるまで6~8年の長い期間を要する柿の木は、代々受け継がれ大切にされてきました。田中農園では、渋柿・甘がきのどちらも栽培しており、品種ごとの熟れるスピードを加味し、長い期間ご提供できるよう計画的に収穫しています。

  • 田中農園で育てている作物

    トマトTomato

    トマトは、苗からではなく、種から接ぎ木をして育てています。丈夫で、しっかり酸味のある大玉トマトを栽培しています。樹上完熟させてから収穫しており、甘く新鮮な状態でお届けしています。

  • 田中農園で育てている作物

    きゅうりCucumber

    田中農園のきゅうりの収穫は、夏ではなく秋。品種を選び正しく栽培すれば、旬の時期でなくても美味しく育ちます。元気に栄養を吸い、大きくみずみずしいきゅうりをお届けします。

Company Profile 会社概要

会社名

株式会社田中農園

所在地

〒637-0037
奈良県五條市野原中2丁目8ー45

TEL

0747-22-2567

代表者

田中久惠

創業/設立

明治後期/2017年12月

Company Profile

Company Profile